おすぎのこの映画見なさい!

番組情報

今、見るべき映画はコレだ!!


「月刊スターキャット」でコラムを好評連載中の映画評論家おすぎが、オススメの映画情報をお届け。
注目の俳優や作品の見どころを、独自の目線で徹底解説!おすぎならではの軽妙なトークで、作品の魅力に迫ります。

毎週金曜更新!

放送内容

11月15日(金)~放送


「国家が破産する日」
11月9日(土)~ センチュリーシネマにて公開

1997年、韓国の通貨危機(IMF経済危機)を描く
キム・ヘス主演(49歳)
代表作 『10人の泥棒たち』、『コインロッカーの女』

■韓国の1997年の通貨危機を初映画化
「OECD加盟」「経済先進国の仲間入り」「(香港、シンガポール、台湾と並ぶ)アジア四小龍」といった好景気を表す言葉が躍る中、何の前触れもなく迫りつつあった国家破産の危機。そのときの緊迫した状況を、映画的想像力を駆使して7日間という時間の中に盛り込んで構成したのが本作。その後の貧富の格差や非正規雇用といった社会問題は、現在も(韓国に限らず)存在し、同時代的な共感を呼ぶとともに、さまざまな問いを投げかける。

★あらすじ★
経済が右肩上がりの成長を遂げ、好景気が続くと信じて疑わなかった1997年。韓国銀行の通貨政策チーム長ハン(キム・ヘス)は通貨危機を予測するが、政府の対応は遅れ、さらには国民には公示せず非公式の対策チームを立ち上げる。同じ頃、危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユン(ユ・アイン)は、一世一代の大勝負に出る。一方、何も知らない町工場の経営者ガプス(ホ・ジュノ)は、大手百貨店からの大量発注を、手形決済という条件で受けてしまう。自国通貨の価値が加速度的に下落する中、彼ら、そして国家は生き残ることが出来るのか…。

放送日時

【初回放送】金22:00~

再放送

21:30~

6:30~/22:30~

6:30~/21:00~

★11chでも放送中!★
毎週(水)9:15~

番組へのメールをお待ちしております!

番組へのご意見・ご感想を募集しております!ぜひお寄せください!