幼獣マメシバ 望郷篇

番組情報

©2014「幼獣マメシバ 望郷篇」製作委員会
不惑の40歳 芝二郎。
相棒のマメシバ 一郎を引き連れて一人暮らしなのに家出する。

『幼獣マメシバ』『マメシバ一郎』『マメシバ一郎 フーテンの芝二郎』とシリーズを重ねるごとファンを増やし、一大人気シリーズとなった『マメシバ』シリーズの第4弾がぬるっと登場。

第4弾の見どころは、“不惑の”40代に突入した芝二郎。しかし、五月病で仕事は自主ストライキ中。

知り合いは増えちゃったので、心配されたり口うるさくされたり。うっとうしくなった二郎は一念発起し「家出」を決行。しかし、自分では行き先も決められぬまま、一郎の気の向くままに風来坊の旅を始めます。

そして行きついたのは何と占有屋の仕事。居場所を持ちながらもそこから逃げ出した二郎と、居場所を守る為に必死になったり、居場所を無くしてしまったり、新たな居場所を探そうとする人々との出逢い。人との関わりあいから逃げてきた二郎が一転、望んでもないのに人に影響を与える存在になった時、果たしてどんなゴールが待っているのか。

【出演】佐藤二朗 菊池亜希子 左とん平 山口祥行/宍戸開/志賀廣太郎 ほか 
【監督】御法川修
2014年制作

放送内容

第1話 生まれて初めて家出してみたのだ
五月病で仕事を自主ストライキ中の元ニート芝二郎(佐藤二朗)は相棒の柴犬・一郎と共に家出を決行。偶然海辺で出逢った仁政(野間口徹)から占有屋の仕事に誘われる…。

第2話 なる様になるを実践するには勇気が要るのだ
海の家を占有することになった二郎一行。と、天井から不審な物音が。屋根裏には海の家の元店長・佐智子(菊池亜希子)が居座っていた。

第3話 泣かない強さより泣けない弱さは深刻なのだ
佐智子の勢いに巻き込まれドッグ海のカフェを手伝うことになった二郎と仁政。「他に何もない」と必死になる佐智子に二郎は「何かないと人は駄目かね?」と問う。

第4話 ナリで生きてると色々巻き込まれるのだ
夜逃げした資産家の愛人が住んでいたマンションの一室に居を移した二人。ミッションは占有+部屋に隠された一千万円の指輪の捜索。

第5話 複雑な人間関係から人は逃げられないのだ
愛人の元住人・冬実を部屋に受け入れてしまった二郎たち。匿ってくれれば指輪の在処を2人だけに教えるという。しかし、警察の石渡は、彼女は一文無しだと語る…。

第6話 計算の無い人生はないと思っていたのだ
散歩中、一&二郎を逃避行に誘う冬実。彼女は「家族が欲しい」と寂しげに語る。仁政か治郎丸か警察か冬実か…。

第7話 北風さんでは心の扉は開けないのだ
一軒家を3日間占拠するだけの仕事だが問題がひとつ。二階にひきこもりの娘・千恵子が居座っているのだ。説得する仁政の傍ら、二郎は自らも引きこもることに…。

第8話 苦しまなければ成長できないというのは嘘なのだ
二郎は部屋に入り込んだ一郎を解放するよう話しかけ、二度寝に入る。夜、部屋から出てきた千恵子に二郎は翌朝の一郎の散歩を頼む…。

第9話 人生の役割は、ジョブローテーションしてるのだ
一郎の散歩を終え家に戻ると、警察に問い詰められている仁政の姿が。踵を返した彼女に渡された古い紙切れにはある住所が書かれていた…。

最終回 人生は一周回って少し外へいけるのだ
彼らは住宅街の一軒家に辿り着く。ここに千恵子の母が住んでいるというのだ。ゴールを目前に足が止まってしまう千恵子。一方、二郎は既視感に襲われていた…。

放送日時

7月15日(月・祝)~14:00~

番組へのメールをお待ちしております!

番組へのご意見・ご感想を募集しております!ぜひお寄せください!